NEWS

kangosi

2020.7.11

職員紹介♪

 

こんにちは!看護師チームです!
今回は統括看護師の紹介です♪

 

Q1.名前
本川良美

 

Q2.出身地
千葉県

 

Q3.休日の過ごし方
こどもとお絵描き、ゲーム、体操ごっこ、カラオケ、ベランダでごはん
断捨離、たまに裁縫、編み物

 

Q4.好きな食べ物
何でも好きです。最近のブームはカフェオレ。

 

Q5.看護師になった理由
一番最初は、中学生のころ、青年海外協力隊の看護師さんにあこがれて、看護師を目指すように。看護師密着24時的なテレビ番組で、紛争地域で生まれる赤ちゃんを支える看護師の姿を見たのが、一番最初のきっかけでした。もともと、こどもと関わること、人と関わることが好きで、その後、進学した看護大学在学中に小児病院でこどもたちと過ごし小児看護に携わりたく、小児専門病院に就職して看護師となりました。

 

Q6.看護師としての経歴
東京都立清瀬小児病院(現東京都立小児総合医療センター)
神奈川県立こども医療センター
横浜市私立認可保育園
NPO法人おれんじハウス理事・統括看護師
おれんじハウスこども訪問看護ステーション管理者

 

Q7.おれんじハウスに入った理由
病院の外科病棟にいた頃、出会ったお子さんが、退院してからの生活でいろんな大変さがあることを聞いていました。
小児病院の看護師経験後、保育園看護師として働くうちに、保育士という子どもの一番の味方になる職種との協働の中で、多職種をつないで、病院を退院した後のお子様とご家族を支える仕事がしたいと思うように。
「すべての家族に子育てのよろこびを」「すべてのこどもに“その子らしさ”を」
日常的に医療的ケアが必要であっても、当たり前に社会の中で自由に暮らせる世の中へ、というビジョンをかかげるおれんじハウスで、少しでも自分にできることができたらと思い、おれんじハウスに入りました。

 

Q8.最後に一言
一人ひとりありのまま。それが丸ごと、その子の個性。一人ひとり、いろんな育ちがあり、その育ちに、保育と看護でタッグを組んで伴走していきたいと思っています。健康面、社会福祉面、その他さまざまな面で、常に“どうしたらできるか”を考える仲間たちと一緒に、サポートできたらと考えています。

 

 

 

——————–
おれんじハウスはSNSも更新しています!

≪ Instagram ≫

≪ Twitter ≫

≪ facebook ≫